福島県南相馬市原町区栄町2丁目20番地
TEL.0244-23-5420 携帯.090-2884-0050 FAX.0244-26-7006

とうほくNPOフォーラムin仙台2022
開催のお知らせです

2011年に発生した東日本大震災から11年が経過した今、被災各地ではハード面の復旧作業はほぼその工程を終えました。また、行政による「復興事業」もその計画期間の終了も間近となっており、国は「総仕上げの段階にある」としています。しかし、そこで暮らす被災者の状況は様々です。地域の経済は震災の影響を抜け出せず、人口減少にも歯止めがかからない状況にある中、2020年以降は新型コロナウイルスによる猛威も連なり、復興の過程を歩む被災地に定着し始めた暮らしや人々のつながりといった日常を一変させました。自治体は急激な変化の波に対応するべく日々奔走している今があります。一方で私たちNPOをはじめとする市民も地域を元気にする力を培い、変化の波を乗り越えていく姿が求められています。これまで開催した「とうほくNPOフォーラム」においては「現在」にとらわれることなく「復興のその先を見据えて」という前提で「持続可能な地域の仕組みとは何か」「変化する社会にNPOはどう対応するのか」など、様々なテーマで議論を積みかさね「地域における多様な担い手が、主体性を持って地域の将来を考えること。地域に必要な事を形にするために目線を合わせて議論し協働する事が重要」というまとめを行いました。このまとめを受けて、今年度のフォーラムは「地域を元気にする方法 NPOに求められる力」というテーマを掲げました。被災地の復興が地域の日常に移行するこの時期に、NPOだけではなく、市民、企業、行政を含む地域の多様な担い手の連携・連動のカタチを議論し、具体的なアクションにつなげるための場として、本フォーラムを実施します。

開催日時  2023年2月28日(火)13:00~18:00
場  所  仙台国際センター展示棟 会議室
住  所  仙台市青葉区青葉山無番地
※新型コロナ感染拡大予防の観点からオンライン併用のハイブリッド開催とします。
対 象 者  東北各地で活動するNPO(市民団体)、行政、企業、社会福祉協議会等
募 集 数  会場200名(定員になり次第締め切り)オンライン100名(先着順)
参 加 費  2,000円(資料代)
※現地参加、オンライン共通

主 催 者  NPOサポートリンク(とうほくNPOフォーラムin仙台2022構成団体)特定非営利活動法人 アットマークリアスNPOサポートセンター特定非営利活動法人 おおふなと市民活動センター特定非営利活動法人 陸前高田まちづくり協働センター特定非営利活動法人 いわてNPOフォーラム21特定非営利活動法人 いわて連携復興センター一般社団法人 気仙沼まちづくり支援センター特定非営利活動法人 ピースジャム(気仙沼まち大学運営協議会)認定特定非営利活動法人 底上げ(気仙沼まち大学運営協議会)特定非営利活動法人 いしのまきNPOセンター一般社団法人 東北圏地域づくりコンソーシアム特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター(多賀城市市民活動サポートセンター)特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター認定特定非営利活動法人 杜の伝言板ゆるる一般社団法人 南相馬パブリックトラスト(南相馬市市民活動サポートセンター)認定特定非営利活動法人 ふくしまNPOネットワークセンター特定非営利活動法人 日本NPOセンター(事務局)特定非営利活動法人 アットマークリアスNPOサポートセンター特定非営利活動法人 日本NPOセンター


後  援  復興庁、岩手県、宮城県、福島県、仙台市(申請中) 
内閣府本事業は東日本大震災復興支援「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の自主・連携事業の一環として、認定特定非営利活動法人日本NPOセンターと特定非営利活動法人アットマークリアスNPOサポートセンターが協働で実施しています。


【▼参加申込はこちらから▼】
https://www.nposl.jp/lp/tohoku_npo_forum_2022/

トップへ戻る
Verified by MonsterInsights